RISUきっず

RISUきっずは簡単?6歳(年長)の娘が1週間のお試し体験で全ステージクリアしました

RISUきっずのお試し体験で全ステージクリアした6歳年長の体験談
ママ

RISUきっずって、レベル高いの?

mochi

ちょうど娘が1週間のお試し体験を終えたので、感想をお伝えしますね。


東大生のサポートで有名なRISUきっずを、6歳年長の娘(ふーちゃん)が 1週間お試し体験中に、全ステージクリアしました!

そう聞くと、RISUきっずの問題レベルが気になりますよね?

実際に体験したRISUきっずの問題内容やレベル感を、赤裸々に公開いたします!

ふーちゃんの学習レベル
  • 6歳年長(幼児)の女の子
  • Z会とスマイルゼミを受講中
  • 簡単なたし算はできるが、指を使って数える
  • 100マス計算は6分台
  • ひらがなの読み書きができる
  • 勉強は嫌いではないが、やるきスイッチが入るのは遅い
ふーちゃん
(6歳・年長)

ねぇねみたく、カッコイイ小学生になるんだ☆

mochi

ふーちゃんは、Z会やスマイルゼミも受講していますが、とびぬけて勉強ができるというわけではありません。

\手っ取り早くお試し体験したい方はジャンプ/

RISUきっずお試し体験で全ステージクリアした問題とは

RISUきっず全ステージクリア


RISUきっずは、全12ステージで構成されており、それぞれA~Eレベルの問題が5題ずつ出題されます。

RISUきっずの学習内容
  • ステージ1 かずをかぞえよう① 1~15までのかず
  • ステージ2 かずをかぞえよう② 15~30までのかず
  • ステージ3 かずをかぞえよう③ 30~50までのかず
  • ステージ4 たしざんをしよう① +1~3までのたしざん
  • ステージ5 たしざんをしよう② +5までのたしざん 2桁+2までのたしざん
  • ステージ6 ひきざんをしよう① -1~3までのひきざん
  • ステージ7 ひきざんをしよう② -4までのひきざん 2桁-2までのひきざん
  • ステージ8 おおきいのはどっち? 2~3つの数字や数の比較
  • ステージ9 くらべてみよう! 大きさ・長さ・広さ・重さなどさまざまな比較
  • ステージ10 とけいをよんでみよう! アナログ・デジタル時計の読み方
  • ステージ11 なかまわけしよう! 同じ形や種類の仲間分け
  • ステージ12 さいごのテスト ステージ1から12までの復習問題


繰り返しますが、6歳年長の娘は、1週間のお試し体験中に!RISUきっずを全12ステージクリアしました!

ママさん

え、RISUきっずってそんなに簡単なの?

mochi

RISUきっずの問題を見ながら、正直な感想をお伝えしますね。

RISUきっずのスタートレベル

まずはタブレットの操作方法から始まります。

RISUきっずちゅーとりある

だいたい1分程度でタブレットの使い方をマスターし、いざ問題へ。

RISUきっずステージ1
ママさん

え、こんな簡単な問題から始まるの?

mochi

RISUきっずは問題をとばすことができないんです。


ステージ1では、基本的な数の数え方から始まるのですが、ステージ1の中でもEレベルまで進むと、結構複雑な問題がでてきます。

RISUきっずマークごとの数を数える問題
mochi

幼児の英才教育でおなじみの七田式でも、イラストを見て数を答えさせる問題は取り入れられていますね。

RISUきっずのたし算・引き算

ステージ1~3で数の数え方や50までの数字を学ぶと、いよいよステージ4からは、「式」を使ったたし算がはじまります。

RISUきっずのたし算


公文式でもそうでしたが、『+1』の問題を繰り返し解いたあと『+2』の問題に進み、『+2』の問題を繰り返したあと『+3』の問題へ…というのを繰り返します。

ステージ5では、最終的には「2桁+2」まで習得しました。

mochi

公文式では、+1の問題だけでも何十問も繰り返しましたが、RISUきっずは案外あっさり進みましたね。

RISUきっずのひき算


ひき算も同様に、『-1』から始まり、「2桁-2」まで学習します。

いきなり式で問われるのではなく、最初はイラストを使った文章問題を通して進めるので、ひき算が苦手だった娘も、なんとかクリアしました。

ふーちゃん

ふーちゃんはまだ年長さんだもん。ひき算は難しいよ…

RISUきっず間違えなおし

複合問題になると間違えることもありましたが、

RISUきっずのチュートリアル(ひき算)


せんせい動画をしっかり見て学び、次のステップへ進めていきました。

ママさん

ちゃんと考え方を教えてくれる動画があるのは良いわね。

mochi

ステージ5あたりから、少し間違えるようになってきましたが、うまく動画を活用してステップアップできました。

レベルの高いスペシャル問題にもチャレンジできる

問題を解き進めていくと、『鍵』をGETできるようになっています。

RISUきっずのスペシャル問題への鍵

『鍵』を3つためると、スペシャル問題に取り組めるのですが…

RISUきっずのスペシャル問題


これがまた程よくレベルが高いんです!

mochi

今まで学んだ知識で解けるのですが、出題の仕方が変わるとグッとレベルが増しますね。

ふーちゃん

最初はわかんなかったんだけど、わかった時すごく嬉しかったの☆


ステージ5で初めてスペシャル問題に取り組んだ娘は、その後カギ集めに必死でした(笑)。

いつもと違う問題が、よっぽど楽しかったようです。

ママさん

本当の意味で、勉強の楽しさを知ったのね。

小学校1年生レベルの問題も出題

ステージ8からは、小学校1年生の教科書にも出てくるような、『数や長さの比較』『時計の読み方』などの問題がでてきます。

RISUきっずの数比べ問題

各ステージにあがる前に、必ずチュートリアルがあるので、問題の考え方をしっかり学んだ上で取り組めます。

RISUきっずの長さを求める問題


長さや大きさを求める問題では、あえて「ひろさ」という言葉を使っているようでした。

mochi

”面積”の感覚をつかむ、という意図でしょうか。

RISUきっずの時計問題


時計の読み方がまだしっかりわかっていない娘は、チュートリアルやせんせい動画を繰り返し真剣に見ていました。

ふーちゃん

長い針がくるくる回るのはわかってたんだけど、小さい針がどうやってついていくのかわかんなかったから、たくさん先生のお話きいたらわかったの☆(←ナゾ発言w)

全ステージの復習問題

最終ステージは、総復習問題です。

ステージ1~11で学んだ内容が、複合的に出題されます。

mochi

ここできちんと解けるかどうかで、知識の定着度がわかりますね。

RISUきっず最終テスト

最終ステージだからと言って、問題のレベルが上がる感じはしませんでした。

本当に今まで解いてきた問題の確認問題だったので、娘は難なくクリアしました。

ふーちゃん

なんか、今までよりもっと簡単に感じたよ?

RISUきっずをさっそく体験してみたい方はジャンプ

RISUきっずを1週間お試し体験した娘の感想

mochi

では率直に、娘の感想を聞いてみたいと思います。

RISUきっずをやってみて、どうだった?

ふーちゃん

ふーちゃんには簡単だったかな?!

間違える問題もちょこちょこあったよね?

ふーちゃん

でも、ちゃんとできるようになったよ!

何が一番楽しかった?

ふーちゃん

んーとね…鍵をもらって、難しい問題をねぇねとやる時かなぁ…

せんせい動画はどうだった?

ふーちゃん

ふーちゃん毎日こんにちはって言ってたんだよ!あとね、エライねって言ってくれるのが嬉しかった☆

RISUきっず、続けたい?

ふーちゃん

もぅっ、ふーちゃんやるって言ったでしょ?次はお姉さんの問題(小学生コース)なんだからね!


だそうです(笑)。

mochi

最初は簡単すぎると言っていた娘も、ステージ5以降は全て満点とはいかず、真剣さが増してきました。

  • 6歳年長の娘にはRISUきっずはステージ4までは簡単
  • ステージ5以降は間違える問題もある
  • 難しめのスペシャル問題にチャレンジできるのが嬉しい
  • せんせい動画もモチベーションアップに繋がる

幼児でもRISU算数に進める

さて、1週間でRISUきっずを終えてしまった娘。

どうなるのかと思いきや、小学生コースである『RISU算数』に進むことが出来ました!

mochi

体験はRISUきっずで、本申込みはRISU算数から始めるのもありですね☆

RISUきっずからRISU算数へ
ママさん

え、幼児でも小学生コースが受けれるの?!

mochi

そうなんです!RISUでは先取り学習が自動でできちゃうんです!

特別な手続きをすることなく、「小1~小3コース」を選択できるようになります(もちろんやらなくてもOKです)。

ただし、注意点が。

  • RISU算数を利用した分の追加料金がかかる
  • ステージ1からスタート
    (RISU算数からだと実力に応じてステージをとばせる)


RISU算数は、1ヵ月に1ステージ以上クリアすると、追加料金が発生します。→ 参照:公式HP

(もちろん、RISUきっずで基本料金を支払っているので、RISU算数の基本料金はかかりません。)

ママさん

やっぱり追加でお金がかかるのね…

mochi

でも、先取り学習ができるのって、RISUくらいじゃないかしら?


ここは通信教育で何を求めるか、によって考えは変わると思います。

  • なるべくコストを下げたい人
     → RISU算数に進まない方が良い
  • 子どもの学習レベルに応じた教育をさせてあげたい人
     → 追加料金を払ってでもRISU算数に進むべき


子どもの学習レベルが伸びようとしているのに、一般的なレベルに合わせて勉強をさせたいのであれば、RISU算数はオススメしません。

ただ、子どもの学習レベルに応じた教育をさせてあげたいのであれば、RISU算数の追加料金は気にならないと思います。

mochi

追加料金といっても上限額が決まっていて、ピアノやECCより安いですよ。

RISUきっずをお得に体験する方法とは

RISUきっずに興味をもった方のために。

RISUでは、特定の会員にのみクーポンコードが発行されます。

当ブログ専用クーポンコード

rss07a

RISUきっず公式サイトで上記クーポンをご利用ください。

本申込みをすればタダで1週間体験ができますが、体験のみで終わると1,980円かかります。

毎月先着50名のみの特典なので、必ず利用できるとは限りません。

ママさん

本申込みをしないと、お金がかかるのね…

mochi

そこは先行投資だと思ってわりきるしかないですね。


RISUきっずは、12ヵ月一括払いでの申し込みしかできない上に、途中解約での返金もありません。

ママさん

え!解約返金もないの?!


それだけコンテンツに自信があるってことですね。

そのため、RISUを検討するなら、まずは1週間体験して子どもの反応を見てから始めましょう。

ふーちゃん

ふーちゃんみたいに、1週間でRISUきっずは終わっちゃうかもだしね☆

RISUきっずのお試し体験はコチラからできます
(クーポンコード:rss07a)

RISUきっずをお試し体験して感じた、RISUきっずが向いている人とは

RISUきっずをお試し体験してみて感じた、親としての正直な感想は、

RISUきっずは一般的な幼児教育レベルだということ。

mochi

お世辞にも、東大生レベルの問題だーなんて言えません。


そのため、

  • 単純に学習習慣をつけさせたい
  • タブレット学習に興味がある
  • 学校の勉強についていけるようにしたい

という方には、オススメしません。

ママ

じゃぁ、どういう人ならオススメなの?

RISUきっず最大の魅力は、RISUきっず単体のコンテンツ内容ではなく、基礎をしっかり確認した上で、幼児期からRISU算数に取り組めることだと思います。

そのため、

RISUきっずがおすすめな人
  • 一般的な幼児教育では簡単すぎると感じている方
  • 子どもの能力を周りに合わせることなく伸ばしてあげたい方
  • 先取り学習を検討したい方
  • 中学受験を検討している方


こんな方にはピッタリの教材だと思います。

mochi

勉強って、周りに合わせるのではなく、個人の能力を伸ばす為にあると思うんですよね。

ママさん

私も、”みんなと同じペースで勉強を”という日本の教育にはちょっと疑問をもってるのよね…

もし、同じ気持ちの方がいれば、まずは1週間お試しください。

RISUきっずでお試し体験後、RISU算数で本申込みをする、というのもOKですよ。

RISUきっずをお試し体験したい方はコチラから

※クーポンコードは「rss07a」です。

まとめ|RISUきっずは簡単!でも幼児期からRISU算数に進める

6歳年長の長女が、RISUきっずを1週間お試し体験中に、全ステージクリアした全貌をご紹介しました。

今回ご紹介した問題を見て、「これならRISU算数からでいいわ」と感じた方もいるかもしれません。

mochi

でも、大人からすると簡単すぎる問題でも、意外と幼児には難しいものもあるんです。


勉強は基礎が大事ですから、幼児でRISUを始めるなら、まずはRISUきっずを試してみてください。

1週間のお試し体験はRISUきっずで、本申込みはRISU算数を、という選択もOKです。

ママさん

そうね、本人のつまずきポイントを探す意味でも、幼児コースから始める方が良さそう。


もし本当にRISUきっずが簡単だと感じるお子さんであれば、娘のようにお試し体験中に全ステージクリアもありえます。

学年を超えた学習ができるRISUを検討中の方は、まずは1週間お試し体験をしてみてください。

\先着50名限定なのでお早めに/